瀬島匠 アトリエクラージュ

takumi141.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 30日

大三島の美術館

山形から東京にやっと着いたが、
息子の蒼が突然、因島に帰りたいと言ってきた。

妻も島に行った方が良いと言い出し、
休む暇なく、その夜から島に向かう。

ヘトヘトになったが、
大三島の美術館は、
この辺りでは一番良い空間が味わえると
蒼が言うので行ってみると、
大学の深井先生のお父さんの常設展示があった。

この美術館の空間が、
今まで見た空間としては一番良いと彼は言ってはいたが、
セルフで無料の珈琲があり、
インスタントではあったが大変ありがたく、
スタバの珈琲に負けないくらい上手く感じたのは、
ここの上手い空気とのマッチした香りのおかげだと思う。

島の桜に会えたのも何年ぶりだろうか、
菜の花と百貫島も良い光景であった。

d0208857_23543185.jpg

d0208857_23542647.jpg

[PR]

by takumi_sejima | 2016-03-30 23:55 | その他


<< 瀬戸内から東京      福島県棚倉町の観光看板 >>